消費税が上がる前に欲しいダイヤのネックレス

私はOLのときから自分の給料でジュエリーを買ってきました。それはジュエリーを買うとストレスが

発散するからでした。私は初めて18金の指輪を買ったときにすっきりした気分になったのです。

でもそのころはネットなどない時代でしたから、近所のジュエリーショップか雑誌に載っているお勧めのお店で買っていました。そのころ、息子が生まれた記念に私は1カラットのダイヤモンドのルースを買いました。それで御徒町でネックレスを作りました。枠とチェーンを選んで作りました。

でも結局ダイヤが大きくて、当時の私にはつける機会があまりなかったのです。

それにルースも鑑定しなおしてもらったら、かなり鑑定書よりも低い鑑定になりました。私はそのダイヤのネックレスをネットで貴金属買取の店に売ってしまったのです。

後から後悔しました。質が悪くてもそのレベルなら高額でネットで販売されてると知り合いのジュエリー職人さんに聞きました。私は消費税が上がる前に1カラットのダイヤのネックレスが欲しいです。

ネックレス購入のためにいつも買い物で利用するイオンのキャッシングサービスを利用します詳しくはイオンキャッシング

私がお金を借りるために利用しているプロミス

お金をたくさん持っていると自分の思うとおりに生活をすることができるので誰でも少しでも多くのお金を欲しいと思っていますが、大多数の人は仕事でもらえる給料の額はそれほど多くないのでお金をたくさん手にすることはできません。

そして人は生活をしていく中でたくさんのお金がほしい場合があり、こういう場合は自分が仕事をして得られる給料だけでは足りません。そのため足りない分を消費者金融などの金融機関からお金を借りることによって対応することになります。

そして私も他の大多数の一般の人と同様に職場からそれほどたくさんの給料をもらっているわけではないので、たくさんのお金が必要になる場合は消費者金融からお金を借りています。
消費者金融にもいろいろな会社があるのですが、私が利用している消費者金融はプロミスという会社です。
なぜ私が数ある消費者金融の会社の中からプロミスを利用したのであるのかというと、まずプロミスは大手の銀行と業務提携をしていることがあげられます。大手の銀行と業務提携をしていればお客さんに不利な貸付をすることはないので利用者としても安心して利用することができます。
次にプロミスの営業期間がとても長いということです。営業期間が長いということはそれだけ多くのお客さんから信頼されているということだからです。
そして最後に私の友人がプロミスを利用してお金を借りた時にプロミスの社員の人が親切に対応してくれたという話を聞いて、私もプロミスを利用すれば安心してお金を借りることができると思ったからです。

そして私が実際プロミスを利用してみて、話で聞いたとおりの会社でした。また借入の手続きや返済の手続きもいろいろな方法があるので、利用者としてもとても便利です。
私は自宅にプロミスの店舗もなく、また普段平日は仕事で忙しいので、24時間手続きをすることが可能なインターネットに手続きをしています。

私はこれからもお金に困ったらプロミスなどの借入審査に申し込みをしてお金を借りようと思っています。

カードローンのプロミスについて

会社、銀行などでもカードローンサービスを展開しています。
特に平成22年6月22日に大きく変化のありました貸金業法の影響を受けることになりました。
この貸金業法が変わった事というのが、総量規制がはじまった事です。
総量規制とは収入の3分の1までしか貸し出すことが出来なくなった規制の事です。
具体的には300万円の年収の方に対しては、100万円までが貸し出すことが出来る金額の上限になります。
この総量規制には例外があります。例えば次の借入は総量規制の対象外です。
つまり、貸金業者からの借入金額には算入しない金額になります。
銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫などからのお借り入れの場合、クレジットカードによるショッピングでのお借り入れの場合、住宅ローンや自動車ローンでのお借り入れ場合などです。

このように限られた枠の中でいかに自社の貸し付けのシェアを増加させるのかがカギになります。
そのような中でユニークなサービスを提供している企業がプロミスです。
プロミスはサービスブランプロミスについてド名であり、社名はSMBCコンシューマファイナンス株式会社になります。
社名にSMBCとつくように、三井住友フィナンシャルグループの一員になります。
銀行系の消費者金融会社になります。

このプロミスでは、はじめて借り入れをされるお客様を対象にした30日間無利息サービスを行っています。
この30日間無利息サービスははじめてプロミスを利用する方で、30日以内にポイントサービスに申込みした方を対象に利息が無料になるサービスです。ポイントサービスの申込みにはEメールアドレスが必要になります。

このようにはじめての方に優しいサービスを提供する事によって、ブランドイメージを高めると共に顧客接点を増すことにより、利用者獲得を促進する目的があります。

利用者側にもデメリットはありませんので、プロミスを利用するプライオリティにつながります。

皆様もカードローンをご検討の際はプロミスも含めてご検討下さい。